整髪料が髪や頭皮に与える影響とは?

普段何気なく使っている整髪料、実は間違った使い方をすると髪や頭皮によくない事を知っていますか?間違ったヘアケアは髪に悪影響を及ぼしてしまいます。そこで今回は正しい整髪料の使い方を説明していくので参考にしてみて下さい。

現在ドラッグストアなどで沢山のヘアワックス・スプレー・ムース・ジェルなどが販売されていますね。実はこのような整髪料には合成界面活性剤が含まれていて、合成界面活性剤は髪の毛を柔らかくし、スタイリングしやすくするために配合されています。

合成界面活性剤は髪の毛の元となるたんぱく質を破壊する作用があり、ずっとワックスやスプレーを使用しているということは髪の毛のたんぱく質を破壊してしまう可能性が高まるという事になります。整髪料によるたんぱく質の破壊が進行すると枝毛・切れ毛・抜け毛の原因になります。

整髪料を正しく使うには頭皮になるべくつかないようにするのがコツです。ヘアワックスであれば指や手全体にノバイながら髪の毛の下から毛先にかけて揉み込むようにつけるようにしましょう。また仕上げにスプレーを使用する際にも、頭皮から離して直接掛からないようにしましょう。
黒ツヤソフトの効果は本物?

また整髪料を付けた日はその日の内に洗い流して下さい。整髪料を使用した際は、お湯でのすすぎをいつもより入念にするようにしましょう。頭皮の汚れはお湯だけで8割は落ちるのでシャンプーの量を増やして頭皮に負担がかからないようにするのがポイントです。黒ツヤソフトの紹介もしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です